MieNaPressは
(株)日本統計センター
が運営しています。

Vol.116 1億総写真家時代?

1.はじめに

 皆さんは普段、写真を撮っていますか?
 フィルムカメラ時代、デジタルカメラ時代を経て、今では「カメラ」はスマートフォンの一機能として当然に備わっているものとなりました。
 情報通信業の発達もあいまって、誰でも写真を撮り、簡単に発信できる時代です。
 今回は、データをもとにこれからの「写真を撮るということ」について考えていきたいと思います。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (0)
  • 2点 (2)
  • 3点 (2)
  • 4点 (7)
  • 5点 (2)

Vol.115 あなたの母校はまだ残っていますか?

 皆さんは年始年末をどのように過ごされますか。
 休みを利用して帰郷し、年越しをされる方もいらっしゃるかと思います。
 日頃なかなか会うことのできない旧友と同窓会を開くことも多いのではないでしょうか。
 ところで、そんな人間関係を築いたあなたの母校はまだ残っていますか?
 ちなみに筆者の通っていた中学校・高等学校は統廃合によりなくなってしまいました。
 高等学校にいたっては校舎も取り壊され跡形もありません。
 自分の母校についてのその後は見聞きしているかもしれませんが、他の廃校が今どのように利活用されているのか気になりませんか。
 今回は廃校の状況と利活用について少し紹介したいと思います。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (1)
  • 2点 (1)
  • 3点 (0)
  • 4点 (5)
  • 5点 (8)

Vol.114 金融機関はどのように選んでいますか!?

はじめに

今回は、金融機関の選び方について考えてみたいと思います。
皆さんは、主に取引される金融機関はどのように選んでいますか。

まずは自宅や職場に近いということが考えられます。
ATMからの出金などは日頃から行うことですし、近いと大変便利です。
他にはどうでしょうか。例えば、店舗の窓口での待ち時間、接客の良さなど、店舗の対応なども重要になることでしょう。
また、金融機関のブランドで選ぶこともあると思います。
特に、大きな取引を行う時などは、その金融機関の信用やお得な商品があるかなども取引金融機関を選ぶ際に重要な要素と思われます。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (3)
  • 2点 (5)
  • 3点 (5)
  • 4点 (6)
  • 5点 (2)

Vol.113 ギャンブルやりますか!?

 2018年7月20日カジノを含む統合型リゾート(IR)いわゆる「カジノ法案」(以下、カジノ法案)が成立しました。
 これにより、雇用促進と経済効果が生まれると言われています。
 その反面、治安悪化やギャンブル依存症の増加などの懸念もあります。

 今でも、私たちが生活の中で目にする競馬・パチンコなども、近年ギャンブル依存症の吹き溜まりとして懸念されてきております。
 では、普段私たちの生活の中で身近なパチンコ業界はどのような変遷をしてきているのかを見てみましょう。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (1)
  • 2点 (0)
  • 3点 (4)
  • 4点 (8)
  • 5点 (3)

Vol.111 アルコール飲料消費の地域性

 夏真っ盛りの8月。うだる暑さの中、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 しっかりとした水分補給で熱中症対策を行いましょう。
 ちなみに、最近では透明飲料がブームで、透明なビールまで出てきているそうです。
 夏にビールは欠かせないという人も多いのではないでしょうか?

 ということで、今回は「アルコール飲料」消費の地域傾向について取り上げてみたいと思います。果たして、地域によって傾向に差はあるのでしょうか?
 それぞれのアルコール飲料の歴史と共にレポートしていきます。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (0)
  • 2点 (0)
  • 3点 (0)
  • 4点 (6)
  • 5点 (9)

Vol.110 働きやすさって何でしょう

「働き方改革」について

 今さかんに言われている「働き方改革」。

 「働き方改革」は2年前(2016年)に安部総理の第2次改造内閣が発足した際、初代の「働き方改革担当大臣」を任命し、「働き方改革実現推進室」を設置したことに始まります。
 以降、関係閣僚と有識者を含む「働き方改革実現会議」を随時開催し、2017年に「働き方改革実行計画」が決定されました。
 
 『働き方改革は、一億総活躍社会の実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます』 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (2)
  • 2点 (3)
  • 3点 (2)
  • 4点 (5)
  • 5点 (3)

Vol.109 憂鬱じゃなければ仕事じゃない?

 もう6月。社会人にとっては第1四半期の締めの月になる。期初からの2ヶ月はあっという間だ。
 「盆が来たかと思ったら、もう正月」。若い頃は「そんな!」と思っていたが今では共感できる。
 そして私は6月があまり好きではない。理由は梅雨時期でジメジメして、気候的に曇りが多く暗いこと、そして祝日がないこと。
 祝日と言えば、今年のゴールデンウィークは最長で9連休が可能だった。
 私は休日出勤が1日あったものの、年休を2日消化して8連休にした。特に遠出することもなく、そう遠くない定年後の生活をイメージして過ごしてみた。その結果、なかなかよい休みになったと思う。
 休み明け、いつもどおりに仕事に行くのだが、定年後を意識した良い休みを経験したせいか、出社することに若干の抵抗を感じた。ふと「これが五月病なのか」と考えてみた。いや、もとよりストレスフリーな性格で、職場環境の大きな変化もなく、これまでに一度も「五月病」に該当する症状になったこともない。たぶん、一時の気の迷いだったのだろう。
 しかし、連休明けは「五月病」という病に苦しむ老若男女が増える時期である。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (2)
  • 2点 (0)
  • 3点 (2)
  • 4点 (4)
  • 5点 (13)

Vol.106 “YouTuber”の実態

 “YouTuber”

 最近耳にする事が多いこの言葉。

 昨年ソニー生命が実施した調査では、男子中学生の将来なりたい職業3位、女子中学生の将来なりたい職業10位に「YouTuberなどの動画投稿者」が入るなど、若い世代に絶大な人気がある。 ※資料1
 かくいう筆者も中年ではあるが“YouTuber”に魅了されている一人だ。

 ここで色々な疑問が生じてくる。

・“YouTuber”とは一体どんな職業なのか?
・主な収入源は何なのか?
・何故そんなに人気があるのか?

 今回は、知っている様で知らない“YouTuber”の実態をお伝えしようと思う。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (0)
  • 2点 (0)
  • 3点 (6)
  • 4点 (10)
  • 5点 (13)

Vol.103 プログラミングって何?

 文部科学省は、2020年以降に施行される、プログラミング教育必修化を盛り込んだ学習指導要領改定案を発表しました。大きく報道されたので、ご存知の人は多いと思います。

 今後、プログラミングは、より一般的になり、触れる機会も増えてくると思います。

 そこで、今回は、そんなプログラミングの世界にちょっと触れてみるのはどうでしょうか?

1. プログラミングとは

 まず始めにプログラミングとは、簡単に言うと read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (2)
  • 2点 (0)
  • 3点 (7)
  • 4点 (6)
  • 5点 (11)

Vol.100 日曜日夕方の憂鬱

 「サザエさん症候群(サザエさんしょうこうぐん)」一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
 ウィキペディアによりますと、サザエさん症候群とは、日曜日の夕方から深夜にかけて、「明日からまた学校や会社に行かないといけない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の俗称。英語圏では『Sunday Night Blues(日曜の夜の憂鬱)』と言われています。また、似たような症例として、月曜日の朝に強い憂鬱さに襲われることをブルーマンデー症候群とも言われています。 read more

この記事はどうでしたか?役に立ちましたか?面白かったですか?
  • 1点 (4)
  • 2点 (0)
  • 3点 (8)
  • 4点 (8)
  • 5点 (10)